インドは、2000年代に入り目覚ましい経済成長を続けています。それに伴い自動車産業も大きく発展しています。四輪車の生産台数は、2001年度の83万台から2011年度には404万台と10年間で5倍に増加し、二輪車の生産も、427万台から、1,545万台と3.6倍に拡大し(SIAMデータ、年度は4月から翌年3月)、年間ベースではそれぞれ世界第6位、第2位となっています。また、J.D.Power & Associatesは、2020年のインド市場における小型自動車の販売台数が1,100万台に達し、世界第3位の市場になると予想しています。このように急速な拡大を続けるインド自動車産業ですが、一方で多くの企業、特に自動車部品メーカーは技術レベルを向上させる必要に迫られています。

一方、日本の自動車関連業界は、高い技術を誇り世界の自動車産業を牽引していますが、日本及び先進国市場は成長が鈍化しており、インドをはじめとする新興国市場でのビジネス拡大が、今後の成長を左右する状況にあると言えるでしょう。その意味で、日本、インド双方が相互補完関係を確立できる可能性は非常に高いと考えられます。

サンアンドサンズオートは、自動車業界をはじめ製造業を中心に、成長するインド市場への日本企業の進出・事業拡大、並びにインド企業との協業・提携を支援しています。市場ニーズ・動向の正しい理解、信頼関係を持てるパートナー企業との関係構築など、事業の成功に欠かせないテーマに関して、様々な支援サービスを提供しております。

インド、日本双方での幅広いビジネス経験とネットワークを有するメンバーが、お客様のニーズにお応えし事業拡大に貢献すべく、最大限取り組んで参ります。


会社概要

社名:  株式会社サンアンドサンズオート

住所:  〒100-6510

  東京都千代田区丸の内1丁目5番1号

  新丸の内ビルディング10F日本創生ビレッジ

代表者:  鈴木健二

業務内容:  自動車部品をはじめ自動車関連業界ならびに製造業を中心にしたインドビジ  ネス支援コンサルティング


主要メンバーのプロフィール

鈴木健二(代表取締役、東京)
ワークス・キャピタル(三菱商事グループ)、CSKベンチャーキャピタル(共に取締役)にて、国内、アジア、シリコンバレーの未公開企業投資、ベンチャーキャピタルを行う。また、㈱デンソーにて自動車関連メーカー営業及び新規事業開発等を担当。直近はアジア開発銀行にてクリーンテクノロジーのベンチャー投資関連コンサルティングに従事。早稲田大学・ロンドンビジネススクール卒業。

サンジーブ・スィンハ(取締役、東京)

インド工科大学(IIT)同窓会日本代表、日印自動車部品協力会委員長、Advisor, 在日インド人科学者教会、Presidential Advisor,北陸先端科学技術大学院大学。
ゴールドマンサックス証券、みずほ証券、UBS証券(新規事業計画)を経て2008年サン・アンド・サンズ グループを設立。現在TATA・アセット・マネージメント、TATA・リアリティ・アンド・インフラ日本代表。テレビ東京「カンブリア宮殿」、NHK、WBSなどに出演、日本マーケティング業界、日経新聞などにてインタビューやコラムを掲載。

藤崎照夫(アドバイザー、東京)

本田技研にて中南米・中近東・アフリカ四輪部長のほか、インド二輪最大手のヒーロー・ホンダ(Hero Honda Motors Limited)社長、四輪のホンダ・シエル・カーズ・インディア(Honda Siel Cars India)社長など、現地トップを計10年間務め、インドビジネスに関する深い知見と幅広いネットワークを有する。早稲田大学卒業。

Anshul Gupta(パートナー、インド デリー)

弊社デリーでのコンサルタント。コンサルティング及びベンチャービジネスで豊富な経験を持つ。以前は、Smile Interactive Technologies Group
(デジタルテクノロジーベンチャー)にてCEO補佐, Emergent Ventures(気候変動コンサルティング)にてSenior Consultantを務める。Indian School of Business卒業(MBA)。 

Mukesh parihar(パートナー、ラジャスタン デリー)
弊社ラジャスタン・デリーでのコンサルタント。建設、インフラ関連、エネルギー、設備機械・工芸品取引等で、幅広いビジネス経験を持つ。欧米、アジアの国際的企業との取引経験も豊富で、インド現地での深いネットワークを有している。




主なサービス内容

 

1.マーケットリサーチ
インド現地の市場動向、販売状況、顧客ニーズ、競合状況、といった市場全体の状況・トレンドや、サプライヤー状況、価格動向、現地で直面することが予想される課題、といった個別ニーズに関する市場調査・フィールドリサーチ

2.提携パートナーサーチ、交渉支援(ジョイントベンチャー、技術ライセンス、販売提携、資本提携、M&A等)、 参入計画立案、デューディリジェンス、現地での事業展開の支援
現地での事業展開を図る上で求められる各種事業パートナー候補の選定、ジョイントベンチャー、技術ライセンス、販売提携、資本提携等各種提携に関する内容検討及びパートナー候補企業との交渉支援、事業計画立案サポート、ジョイントベンチャー設立・資本提携・M&Aに関わる基本条件(Term Sheet)準備、デューディリジェンスをはじめとする各種業務のサポート、事業展開上直面する各種課題への対応支援、など


3.  主要企業・政府関係機関等とのミーティングアレンジ

インド現地の顧客ニーズや市場動向、規制当局の方針確認等に必要となる主要企業・団体へのヒアリングのためのミーティングのアレンジ・サポート


4.現地法人設立等のサポート
現地進出の第一歩となる現地法人・支店の開設手続き、必須となる業務(例:バックオフィス関連、人材採用)のサポート、サービス事業者のご紹介など


5.セミナー・イベント、現地視察ツアーの企画・運営
インドの業界関係者・要人を招いてのセミナー・交流会、ならびにインド現地の主要企業、関係機関を視察・訪問するためのツアーの企画・運営